トイプードルの退色を防ぐ方法はあるの?4つの原因とその予防法とは?

トイプードル
パパさん
パパさん

我が家の愛犬!

トイプードルのチョコボーの毛の色が、薄くなってきてるけど

なんでだろー?

 

パパさん
パパさん

レッド色が良くて飼ったのに・・・

今やすっかり変色して薄い茶色になってしまった。

これってもしかして病気なのかなー?

 

ママ
ママ

多分それって退色じゃないの?

購入の時にペットショップの店長さんが言ってたじゃない。

トイプードルのレッド色は「変色することが多い犬種です」って!

 

パパさん
パパさん

そうなのかー・・・退色かー・・・

だけどなんで退色しちゃうの?

原因を知ってれば、予防することはできたのかなー⁈

 

こんな経験をした飼い主さんはいませんか?

レッド色の毛色が、変色してしまった飼い主さんはいませんか?

何か予防法があれば、防ぐことができたのではないか?

と、悩んだり後悔している飼い主さんはいませんか?

 

実は我が家の愛犬、トイプードルのチョコボーの毛色がどんどん薄くなり、子犬の頃とはまったく違う色(薄い茶色)になってしまいました!

自慢のレッド色だったのに、がっかりです・・

 

そこで、原因には何があるのか詳しく調べた結果!

4つの原因があることを知ったのです。

驚くことに、原因を一つ一つ消していくことで、レッド色を取り戻すことも不可能では無いことも分かりました!

必ず戻せるとは言えませんが、実際に戻った事例があるのは事実です!

 

そこで、本記事では退色で悩まれているみなさんに向けて・・・

4つの原因と、その予防法を詳しく解説していきます。

できれば、子犬の時から予防することで効果は大きいと思います。

 

この記事を読むと

実は、予防することで犬の退色は、かなりの確率で防ぐことができるようになることが分かります。

退色してしまった愛犬の、毛色を取り戻すことも可能になるので、是非試して見てください。

 

退色を防ぐ方法はあるのか?

トイプードルの子犬

理論上は存在します!

しかしながら、ハッキリとこれが原因ですと言えるものは、今現在はありません!

いろいろある対処法や予防法も、効果が出たり出なかったりと、さまざまです。

なので、現在考えられる予防法は・・・

考えられる原因を、一つ一つ消していくことが、最大の予防法になります!

予防法を紹介する前に、知ってもらいたいことがあります・・・

そもそも退色とは?

犬の退色とは、数か月あるいは数年かけて徐々に毛の色が変わっていくことをいいます。

特にトイプードルは、退色する個体が多くみられる犬種になりますので、いずれはそうなることを覚えておくことも必要かと思います。

 

退色は病気なの?

少しずつ変化していく毛色に驚いたり、疑問や不安を持っている方もいるかもしれませんが、退色は病気ではありません!

遺伝子による影響が大きいとされ、ごく自然なことなので気にすることは無いのです。

 

退色しやすい毛色とは

写真にある6色が基本色になり、ペットショップやブリーダーでよく見かけます。

毛の色

この中では、「ホワイト」「クリーム」を除く毛色が、退色しやすい毛色になります。

退色での色の変化は、このようになります。

レッド→アプリコット  

ブラック→ブルーorグレー

アプリコット→クリーム 

ブラウン→カフェオレ

特に人気のレッド色は、かなりの確率で退色してしまいます。

 

トイプードルの退色はいつから始まる?

ほとんどのトイプードルのは、1~3歳頃が最も毛色の変化があります。

早い子では、生後3か月くらいから退色が始まり、大体1歳くらいから3歳くらいまでにはその子の色が決まってきます。

その後は緩やかになりますが、シニアの年代に入ってくると、白髪が出現したりとまた毛色が変わっていきます。

ちなみに、我が家の愛犬チョコボーは、1歳過ぎた頃からお尻あたりから変色がはじまり、最後が顔の変色でした!

 

 

4つの原因とその予防法

トイプードルの子犬

退色の原因には何があるのか?

  1. 遺伝子説
  2. 紫外線
  3. シャンプーやドライヤー
  4. 栄養不足

今現在は、この4つが原因ではないかと考えられています!

ならば、この4つを消していけば退色を防ぐことができるのです。

ではどうやっていくのか?

4つの原因と予防法を、詳しく解説していきたいと思います。

 

1 遺伝子説

一番有力なのが、遺伝子説になります!

遺伝的な要因で退色が始まったと考えられる場合は、残念ながら元にもどすことはできません!

しかしながら、進行を遅らせることは可能ですので、この後の栄養不足の項目で解説していきたいと思います。

対処や予防法

愛犬の血統を調べれば、大体は分かります。

退色は、遺伝的要素が大きく影響しますので、レッド色を希望するのであれば、歴代レッド色の血統だけを交配していることが必要になります!

交配で違う色が混ざると、退色する確率は高くなってしまいます。

ブリーダーでの購入であれば、その子の両親や兄弟を見ることで、交配に混じりがないことが確認できるはずです。

ペットショップでの購入の場合は、血統書で判断することができます。

 

2 紫外線

紫外線にあたりすぎると、被毛にダメージを与えてしまいます!

みなさんはメラニン色素って聞いたことありますか?

人間でも、肌にメラニンがどれだけあるかで、日焼けしやすかったり、肌の色の違いが出たりします。

同じように、トイプードルもメラニンがたくさんあると毛色が濃くなり、逆にメラニンが少ないと毛色が薄くなると言われているのです。

つまり、メラニン色素が不足しているワンちゃんは、被毛が退色したり、毛づやが悪くなってしまうことが起こるのです。

なので、紫外線が強い季節の散歩は注意が必要になります。

 

対処や予防法

散歩に連れて行く時は・・・

基本的には、紫外線の強い時間帯は避けて、朝や夕方など日差しが強くない時間にすることで防ぐことができます。

服を着せての散歩もおすすめします。

その際は、UVカットの洋服を選ぶようにしましょう!

最近の天気予報では、紫外線の量も分かるので、チェックしてから散歩にでかけるのも良いでしょう。

 

3 シャンプーやドライヤー

シャンプーやドライヤーのやり過ぎで、被毛を傷めてしまうこともあります!

また、刺激の強いシャンプーでは、皮膚や毛根にダメージを与えてしまうことになります。

対処や予防法

何においても、やり過ぎは良くありません!

トイプードルの、「ふわふわ」「もこもこ」を維持させたい気持ちも分かるのですが・・・シャンプーは、月に一度、多くても二回と決めて、それ以上は行わないようにしていきましょう。

こまめなブラッシングで「ふわふわ」「もこもこ」は維持することができますよ!

 

シャンプー選びは、獣医さんに相談してみましょう!

退色予防をしていることを伝え、皮膚や毛根に優しいものを使用するようにしていきましょう。

被毛は、ドライヤーの熱にも弱いので、優しく時間をかけて乾かすようにしていきましょう。

 

4 栄養不足

先ほど、メラニン色素について解説しましたが・・

メラニン色素の不足は、食事での栄養不足が原因と考えることができます!

なぜなら、メラニン色素は自然に増えることは無く、食事で補う「チロシン」というアミノ酸が必要になるからです。

「チロシン」というアミノ酸を積極的に摂取することで、トイプードルの体内でメラニン色素が作られることになります。

普段から、与えている食事に「チロシン」が少ないと、栄養バランスが偏り、退色の原因となってしまいます!

つまりは、栄養不足を解消することで、退色を遅らせる効果が出てくるのです!

 

フード選びの参考記事はこちら↓↓

退色予防のドッグフードに必要な原材料と成分!余計なものの見分け方

 

対処や予防法

退色は防げないの?と不安に思っているみなさん大丈夫ですよ!

バランス良く栄養素が配合されたドッグフードを与えることで、効果がかなり期待されます。

先程、「チロシン」と言うアミノ酸についてお話ししましたが、

「肉」・「赤身魚」・「卵」・「乳製品」・「大豆製品」に「チロシン」は多く含まれていることが分かっているので、これらの栄養素が入っているドッグフードに変更し、食べさせることで効果が期待できます!

私もこれを知り・・

愛犬のチョコボーに、「チロシン」が多く含まれているドッグフードを与えてみたところ、確かに退色の進行は抑えられているように感じています。

すべての犬に必ず効果があるとは言えませんが、退色の予防に試してみる価値はあると思います!

参考記事はこちら↓↓

退色予防のドッグフードおすすめ2選!原材料と成分と食いつきで選ぶ!

 

パパさん
パパさん

でも…、うちの子のごはん変えるのもかわいそうだしなー

そんな方には、犬用サプリメントがオススメですよ!

参考記事はこちら↓↓

犬の退色予防にサプリメントは効果あるの⁈オススメのサプリメント3選!

私も使用していますが、特に毛つやで悩んでいる方なら、1ヶ月試してみることをオススメしています。

 

 

まとめ

今回の記事の内容はこちらです。

  • 大体3歳までには色は決まってくる。
  • 退色は病気ではない。メラニンで決まる。
  • 退色の予防は良質な栄養素が配合されたドッグフードを与えることが重要である。

退色を取り戻す方法はあるの?

退色にはメラニン色素が関係しているとお話したと思います。

なのでメラニンの数を減らさなければ、理論上は退色を取り戻せます!

ですが、トイプードルの退色は遺伝要素が関係する可能性もあるために、退色が起こることが普通と考えた方が良いです。

自然な退色に関しては、あまり神経質にならずに毛色の変化と向き合っていくようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント